イタリアの思い出

イタリアに短期留学していたころの街並みを、15年経った今も鮮明に思い出せるのは、もしかしたらイタリアの街並みがそれくらい魅力的だったからかなあ、などと、イタリアの旅行番組を見て思ってしまいました。

私がいた場所は、ベローナという、ロミオとジュリエットの舞台となった町。
観光客もそこそこ来る場所で、夏はそこのコロッセオで行われる野外オペラコンサートが有名で、私もそこでオペラ鑑賞を、学生用の1000円くらいの席で見たんですが、それでもなんとなくすごい興奮しました。

ドイツ人の女の子とものすごく仲良くなり、その子といつも昼間に通ったカフェ。今はどうだか知りませんが、そのころのイタリアは
シエスタがあって、カフェくらいしか開いてないんですよね、昼過ぎの時間帯は。

そこで飲んだ、苦ーいエスプレッソの味も忘れられませんし、もちろんおいしいイタリアンジェラートやパスタ、ピザも忘れられません。それに下着の洗練されてかわいかったこと!また、靴もかわいかったです…また行きたいなあア!