月別アーカイブ: 2014年7月

痛いの?痛くないの?

夏になると、こぞって脱毛に通いだす友人たち。夏前からやっているのかもしれませんが、急に「そういえば」と思い出しているような気がしてならない… 私の友人たちは、光脱毛なのでなんでも3-4年かかるといわれているのだとか。その為、私はといえばひそかに医療レーザー脱毛をして、確か1年半くらいで終わるらしいので、先に終わらして「へっへ~!」とどや顔してやろうかなあ~なんて、企んでいるんです。でもさ、なかなか行く気にならないのは、医療レーザー脱毛って輪ゴムをぎりぎりまで引っ張って、思いっきりぱしーんとはじいたくらいの痛さだということなんですよね。体感したことはないですが、私のかかりつけの皮膚科が医療レーザー脱毛もフォトフェイシャルもやっていて、先生が「輪ゴム弾いたくらいの痛さよ」なんてニコニコいっていましたが、輪ゴム弾いただけで結構痛いし、口コミなどを見ると、思いっきり引っ張ってぎりぎりまで伸ばした輪ゴムをはじいたもの、それが連続して行われるって書いてあったので、どんだけ痛いんだよ~って思っちゃったんですよねえ。どうだろ?

http://www.iryou-datsumou.net/

32年ぶりに見つかった遭難者

今日見つけたニュースが、ちょっと衝撃的だったのでご紹介。なんでも、フランスとイタリアの間にある山、モンブランで32年前に行方不明になった登山家の遺体が、氷の中から発見されたのだそうですよ。その人は、パトリス・ハイバートさんというそうで、当時は23歳だったんだそう。ちなみに、彼が最後に確認されたのは1982年の3月1日だったそう。

同じ山に登っていた別の登山家は2日後に救出されているんですから、彼は運が悪かった、と言えるのかもしれませんね。ちなみにお父さんが、息子はむしろ山にいたままのほうが良かったと思う、棺のなかより山のほうが良かったと話しているとか。確かに、親族だったらそう思うかもしれませんね。サーフィンの事故や、登山家の事故では、そこで亡くなることがある意味本望なのかも?グリズリーマンも、同じような感じでグリズリーに殺されてしまったけれど、いつかそういうことが起こるかもしれない、ということは考えたでしょうしね。